添削者コラム(2020年9月号)

8月号は、新型コロナウイルスの影響が、どのように子ども達や若者の教育におよんでいるかについて書かれた記事を読んで、教育の重要性やこれからの教育について自分の意見を述べる出題でした。
条件は以下の通りです。

■文字数は、350字以上600字以内とします。
■タイトル(なくてもよい)以外の全体を三段落とし、以下の構成で書くこと。
第一段落:記事の内容を簡潔にまとめる
第二段落:教育を受けられないことが、その子どもや社会全体におよぼす影響について、自分の考えを述べる
第三段落:これからの教育の方法について、インターネットの利用をふくめ、あな た自身の考えを述べる
■文章は敬体(です・ます調)でも常体(である調)でもかまいませんが、まぜないように書くこと。

記事の内容については、かなりの受講生が的確まとめてくれました。ただ、記事の文章をそのまま写してしまう答案も散見されます。

また、教育を受けられないことが、子どもや社会全体にどのような影響を及ぼすかについては、多くの人が「学力の低下」や「将来の仕事への不安」を挙げてくれました。そんななかで、「教育が受けられない=良いか悪いかを教えてもらえないことになる」としたOさんや、モラルの低下につながるとしたMさんの意見が光りました。

追加課題として、「インターネット教育の弱点」について書いてもらいましたが、これもMさんの「身体的距離が離れるのならば同時に、心的距離も離れるのではないでしょうか」というフレーズに心を打たれました。

(添削者)